しわ・たるみ

妊娠中は普段よりさらに敏感肌になりがちですし、ホルモンのバランスが崩れやすく肌もあれがちになります。
そうならないためにも、妊娠中は特にスキンケアには気を使いましょう。

 

とは言っても、つわりの時期は化粧品の臭いすら受け付けないという人もいると思います。

 

私もつわりの時期は臭いがダメで、無臭タイプのものを選んで使っていました。

 

つわり中は常に気持ち悪く、何種類も使い分けるのが億劫だったので、オールインワン美容液を重宝しました。

 

オススメは、無印良品の「敏感肌用オールインワン美容液ジェル(100g)」です。

 

妊娠中の肌にハリを与えるためには丁寧なスキンケアが大事

 

値段も1000円程度でリーズナブルですし、しっかりと保湿も出来ました。何より肌が荒れなかったです。

 

それにプラスして、外出時には必ず帽子を過ぶり、日焼け止めをしっかりつけました。
肌が弱っているときに紫外線にあたってしまうと、後々シミやそばかすとなってしまい、後悔することになるからです。
ちょっと高いですが、オススメはノブ の「UVミルクEX」です。

 

妊娠中の肌にハリを与えるためには丁寧なスキンケアが大事

 

小さな子供でも使えるだけあって、本当に肌荒れしません。
長時間つけていると大抵かさかさになったり、ニキビが出来たりするのですが、一日中つけていても肌ストレスをあまり感じませんでした。
何より、お湯でも落とせるという点が気に入りました。夏は特にそうですが、メイク落としが甘いとすぐニキビになるので、こちらの日焼け止めはありがたかったです。

 

ファンデーションは使い慣れていたものを急に変えると荒れるので、特にこだわらずそれまで使用していたブランドのものを継続使用しました。
ただ、使い慣れたブランドでも、リキットタイプよりは、パウダータイプのミネラルファンデーションがオススメです。
カバー力は劣りますが、その方が肌への負担が少ないです。

 

一番大切なのは、クレンジングと洗顔です。シッカリとメイク落としをしてリセットすることで、肌の状態を良好に保ちます。
低刺激タイプでしっかり落とせるものを選ぶといいでしょう。

 

私はオススメは、無印良品の「マイルドクレンジングオイル」と 「泡洗顔フォーム・敏感肌用」です。
どちらもコスパが非常に良いです。

 

妊娠中は肌質が変わったり、ストレスが多かったりで大変ですが、しっかりとスキンケアをして綺麗な肌を保ちましょう。