しわ・たるみ

お肌をいつもいい状態にするには保湿が大事だということは、もうご存じだと思います。

 

保湿のためにはセラミドが一番だと言われているのですが、どうしてセラミドが大事なのでしょう。

 

お肌の保湿にはセラミドが大事です

 

セラミドの水分保有力

 

肌の一番表面で肌を守っているのが皮脂膜で、これを一次バリアと呼びます。この下の角質層には細胞間脂質というニ次バリアがあって、水分を逃がさず、紫外線などの外からの刺激から肌を守っています。

 

この細胞間脂質の40〜65%がセラミドなのです。

 

これらの肌のバリア機能は、乾燥や偏ったダイエットなど食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどの原因で傷つき、回復が遅れてしまうことがあります。こうなると肌にかゆみを覚えたり、ぴりぴりする刺激感を感じたり、肌荒れを起こしたりするようになり、敏感肌を呼ばれるような肌になる場合もあります。また加齢によってセラミドの量は減っていきます。年を重ねた肌が水分量が少なく乾燥しがちで、シワが多くなるのはこのためです。

 

こうしたことを防ぐためセラミドを含んだ化粧品を使って十分保湿して、お肌のバリア機能がしっかり働くようにすることが健康な肌への第一歩ということになります。

 

ヒト型セラミドを選びましょう。

 

セラミド化粧品は、人と似ている動物のセラミドが肌になじみやすく保湿力があります。ビオセラミドやセレブロシド、スフィンゴ脂質と呼ばれているものです。疑似セラミドと呼ばれているものはセラミドではありませんので注意が必要です。またセラミドは水に溶けない性質がありますので、化粧水だと配合量も多くなく、肌にも浸透しにくいと思います。実溶液やジェルタイプのものを選ぶといいでしょう。購入の際は成分表示を見て、配合量の多いものを選ぶほうが保湿力も高く効果もあります。