しわ・たるみ

保湿ケア

女性の顔を老けてみせてしまう原因のひとつに乾燥があります。

 

肌は乾燥してしまうと水分を失うため、潤いがなくなり、皺やほうれい線などができやすくなります。またお化粧のノリもわるくなり、どんなに高いお化粧品を使ってもお化粧がういてしまったり、肌のザラザラ質感がめだってしまったりしてしまうことがあります。

 

そのため、保湿クリームなどをつかってしっかりと保湿をしてあげることを習慣化しましょう。

 

 

乾燥対策というと、どうしても冬の乾燥した季節だけやればよいものだと思われがちなのですが、乾燥は夏でもします。それは空調のきいた部屋の中、車の中などでの乾燥と、紫外線をあびることによる乾燥です。

 

肌は乾燥してしまうと砂漠状態になってしまいますので、乾燥させてしまわないように気をつけましょう。手軽にできる保湿として、化粧水がありますが、化粧水をしたあとに保湿クリームをぬってしっかりと毛穴にふたをしてあげると、保湿効果が長続きします。夜寝る前にぬるという習慣をつけるとよいでしょう。

 

ハリをあたえて、しわ・たるみにバイバイ!人気の保湿コスメ

 

またお化粧の下地をぬったあとに少し保湿クリームをぬってあげることで、顔が乾燥しにくくなり、化粧崩れもふせいでくれます。乾燥肌の人にはかなりおすすめの方法です。保湿クリームを選ぶ際には、低刺激で天然成分が配合されたものを選ぶようにしましょう。また、

 

べたつきがすくなくさらっとしたテクスチャのものですと化粧下地としてつかうここともできますし、肌に浸透しやすいので、ぬるときにとても楽だとおもいます。

 

クリームとひとくちにいっても何度も塗りこまないといけないようなものですと、逆に肌を摩擦してしまい刺激になってしまいますので、さらっとしていて伸びがよいものを選びましょう。

30歳代に入ったころから少しずつ肌の乾燥が気になり始めました。

 

それでも20代の頃から使っていた化粧品を変えずにそのまま同じものを使用していましたが、どうも肌の乾燥が収まらず、それでも化粧品を変えずにその上からさらに保湿クリームを塗って乾燥を防いでいるというやり方で通していました。

 

30歳に入ったら20代と違う肌

そもそも30歳に入ったら20代と違う肌になるのは当然なのに、漫然と同じ化粧品を使ってうまくいくはずがないのですが、それから数年は気がつかないまま月日が過ぎていました。

 

それからふと自分の顔が映し出された鏡を見た時に愕然としました。ほうれい線がすごく目立ってきているのです。

 

さすがにまずいと思って急いでネットから検索をかけて探しましたが、どれも同じような内容で今一つしっくりこないのと、化粧品というよりサプリメントの表示が多く、これも比べようがないくらい同じような商品でしたので、さらに検索をかけていくときに”エイジングケア化粧品”という言葉に目が留まりました。

 

エイジングケアとの出会い

 

エイジングというともっと後の話だと思っていましたが、実はすでに30歳から始まっていると言っても過言ではないようでした。

 

そもそも肌のピーク年齢は20歳代だと言われています。肌は外側からだけでなく、内面からの現れでもあり、体の細胞のピークも20歳だと言われています。本来ならその頃から始めてもいいのですが、まだ30歳からでも遅くはないと考えなおし、エイジングケア化粧品を使ってみることにしました。

B.C.A.Dというメーカーの化粧品サンプル

 

年齢を重ねて気がついた保湿化粧品の必要性の体験談

 

ネット検索の中から980円で5日間試せるB.C.A.Dというメーカーの化粧品サンプルを購入しました。

 

 

このB.C.A.Dとは、ユーグレナ(ミドリムシ)から抽出された成分・加水分解ユーグレナエキスを配合した化粧品の総称で、化粧品名でもあります。

 

説明文によると、年々失われていくハリ・ツヤ・潤いを補てんしてくれるとのことで、保湿効果が高いのではと思い使ってみました。5日間分ですが、一袋を使いきるには一回分では多いので、2回に使い分けました。

 

洗顔クリーム・化粧水・美容液・保湿クリームの順に使いました。(保湿クリームはマッサージクリームとしても使えます)すでに洗顔の時から洗い上がりがさっぱりしているのに肌に潤いがあります。化粧水も香りが良く、肌にしみ込んでいく感じがあり、美容液・保湿クリームも同様な感覚がありました。特に美容液はハリに効果があるようで、ほうれい線が気になるところにより塗りこんでいきました。

 

すると、一日でその効果が発揮され、肌に潤いとハリが戻ってきました。化粧ののりも悪く、ファンデーションを何度も買えましたが、もうその必要がなくなりました。とてものりが良くなり、ほうれい線もほとんど気にならなくなりました。この結果、年齢にあった化粧品を使うことがとても必要だということを実感しました。乾燥も大敵だと感じています。

 

さらに調べた保湿ケア

 

保湿に関しての口コミでは、ヒフミドやアヤナスという化粧品も高評価で、よく見かけます。

 

「アヤナス」と「ヒフミド」共に、ヒト型セラミドで、肌の保湿や潤いを与える素晴らしい化粧品なので、どちらがいいのか迷ってしまう方も多いかもしれません。
引用 アヤナスとヒフミドどっち?徹底比較

 

 

現在使用している5日のトライアルの使用が終わったら、ヒフミド、アヤナスの各トライアルを試してみて1番、自分にあった化粧品を購入したいと思います。

 

続きを読む≫ 2016/01/25 17:35:25

私が妊娠中にやらなかったことでとても後悔したことは、顔の紫外線対策です。

 

妊娠中はホルモンの関係からしわ・たるみが出来やすい状態になっています。

 

しかし、自分が妊婦の頃は恥ずかしながらそのことを知らずに、すっぴんのまま上の子と何時間も公園へ出かけていました。今考えるととても恐ろしいことをしていたなと反省しています。

 

産後のしわ対策

 

しわ・たるみ 妊娠中には紫外線対策を

 

そして下の子を出産してから少しすると、顔のしわの量がどんどん増えてきてしまいました。最初は忙しさからあまり気にはしていませんでしたが、下の子も3歳になり、

 

少し自分のことに時間が使えると思い始めた途端、気になって仕方ないほどに、シミそばかすが大量にできてしまっています。また、紫外線で痛んだ肌による、しわ対策と今後しわができないように対策するので忙しいです。

 

今妊娠中の方、あるいはこれから妊娠される予定がある方にはぜひ覚えておいてほしいです。

 

そして出かけるときには、出かける30分以上前に、日焼け止めなどの紫外線対策をしっかりと行ってください。

 

 

できればSPFが30以上の日焼け止めを、顔だけで最低でも500円玉くらいの円の大きさくらいの量を使って、たっぷりと塗ってください。そして30分してから出かけてください。
日焼け止めは塗ったばかりだとあまり効果を発揮しないそうです。とくに春と夏の強い紫外線は肌を痛めます。

 

妊娠中は体調が悪かったり、ほかに兄弟がいたりすると自分のスキンケアなんて後回しになってしまうこともあると思いますが、私のようにシミだらけになってからでは遅いです。まだ30前なのに顔にたくさんシミができてしまって本当に後悔しています。ほんの少しの手間をかけるだけで、その後の結果は大きく違ってきますので、紫外線対策をぜひ怠らないように、がんばってください。

続きを読む≫ 2016/01/25 17:35:25

妊娠中は普段よりさらに敏感肌になりがちですし、ホルモンのバランスが崩れやすく肌もあれがちになります。
そうならないためにも、妊娠中は特にスキンケアには気を使いましょう。

 

とは言っても、つわりの時期は化粧品の臭いすら受け付けないという人もいると思います。

 

私もつわりの時期は臭いがダメで、無臭タイプのものを選んで使っていました。

 

つわり中は常に気持ち悪く、何種類も使い分けるのが億劫だったので、オールインワン美容液を重宝しました。

 

オススメは、無印良品の「敏感肌用オールインワン美容液ジェル(100g)」です。

 

妊娠中の肌にハリを与えるためには丁寧なスキンケアが大事

 

値段も1000円程度でリーズナブルですし、しっかりと保湿も出来ました。何より肌が荒れなかったです。

 

それにプラスして、外出時には必ず帽子を過ぶり、日焼け止めをしっかりつけました。
肌が弱っているときに紫外線にあたってしまうと、後々シミやそばかすとなってしまい、後悔することになるからです。
ちょっと高いですが、オススメはノブ の「UVミルクEX」です。

 

妊娠中の肌にハリを与えるためには丁寧なスキンケアが大事

 

小さな子供でも使えるだけあって、本当に肌荒れしません。
長時間つけていると大抵かさかさになったり、ニキビが出来たりするのですが、一日中つけていても肌ストレスをあまり感じませんでした。
何より、お湯でも落とせるという点が気に入りました。夏は特にそうですが、メイク落としが甘いとすぐニキビになるので、こちらの日焼け止めはありがたかったです。

 

ファンデーションは使い慣れていたものを急に変えると荒れるので、特にこだわらずそれまで使用していたブランドのものを継続使用しました。
ただ、使い慣れたブランドでも、リキットタイプよりは、パウダータイプのミネラルファンデーションがオススメです。
カバー力は劣りますが、その方が肌への負担が少ないです。

 

一番大切なのは、クレンジングと洗顔です。シッカリとメイク落としをしてリセットすることで、肌の状態を良好に保ちます。
低刺激タイプでしっかり落とせるものを選ぶといいでしょう。

 

私はオススメは、無印良品の「マイルドクレンジングオイル」と 「泡洗顔フォーム・敏感肌用」です。
どちらもコスパが非常に良いです。

 

妊娠中は肌質が変わったり、ストレスが多かったりで大変ですが、しっかりとスキンケアをして綺麗な肌を保ちましょう。

続きを読む≫ 2015/09/12 17:32:12

お肌をいつもいい状態にするには保湿が大事だということは、もうご存じだと思います。

 

保湿のためにはセラミドが一番だと言われているのですが、どうしてセラミドが大事なのでしょう。

 

お肌の保湿にはセラミドが大事です

 

セラミドの水分保有力

 

肌の一番表面で肌を守っているのが皮脂膜で、これを一次バリアと呼びます。この下の角質層には細胞間脂質というニ次バリアがあって、水分を逃がさず、紫外線などの外からの刺激から肌を守っています。

 

この細胞間脂質の40〜65%がセラミドなのです。

 

これらの肌のバリア機能は、乾燥や偏ったダイエットなど食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどの原因で傷つき、回復が遅れてしまうことがあります。こうなると肌にかゆみを覚えたり、ぴりぴりする刺激感を感じたり、肌荒れを起こしたりするようになり、敏感肌を呼ばれるような肌になる場合もあります。また加齢によってセラミドの量は減っていきます。年を重ねた肌が水分量が少なく乾燥しがちで、シワが多くなるのはこのためです。

 

こうしたことを防ぐためセラミドを含んだ化粧品を使って十分保湿して、お肌のバリア機能がしっかり働くようにすることが健康な肌への第一歩ということになります。

 

ヒト型セラミドを選びましょう。

 

セラミド化粧品は、人と似ている動物のセラミドが肌になじみやすく保湿力があります。ビオセラミドやセレブロシド、スフィンゴ脂質と呼ばれているものです。疑似セラミドと呼ばれているものはセラミドではありませんので注意が必要です。またセラミドは水に溶けない性質がありますので、化粧水だと配合量も多くなく、肌にも浸透しにくいと思います。実溶液やジェルタイプのものを選ぶといいでしょう。購入の際は成分表示を見て、配合量の多いものを選ぶほうが保湿力も高く効果もあります。

続きを読む≫ 2015/09/12 17:25:12